簡単!迷わないエックスサーバーの申し込み方

前回の記事では、海外在住者である紅桔梗の森がなぜエックスサーバーを選んだのか、5つの理由に分けて紹介しました。

海外在住者がエックスサーバーを選ぶ5つの理由

今回の記事では、そのエックスサーバーへの申し込み方法を紹介します。

1.エックスサーバーの申し込み方

ホームページにあるお申し込みボタンを押します。

エックスサーバーホームページ

次に「新規お申し込み」ボタンをクリックして申し込みフォームへ。

新規お申し込み
  1. 好きなサーバーIDを決めます。特に何かに利用するわけでもないので好きに決めてok。ただし誰かに先に取られている場合、そのIDは利用できないので注意。
  2. 利用したいプランを選択


  3. 契約内容

  4. 重要な連絡がくるので、ちゃんと使うメールアドレスを記載しましょう
  5. 登録区分に記載されているように個人、もしくは法人を選択
    補足
    海外在住者は個人を選択
  6. あなたの名前
  7. 海外在住者であるならば郵便番号は000-0000等にして、住所の欄にあなたの住所を記入
  8. 紅桔梗の森の場合、オーストラリアで使ってる携帯電話の番号を入力しました


  9. 会員情報

  10. 規約をしっかり読み、同意するにチェック

全て入力した内容で問題ないなら「お申し込み内容の確認」ボタンをクリック

規約

確認画面で内容を再度確認して、問題なければ「お申し込みをする」ボタンをクリック

申し込み確定

これで申し込みは終了です。

申し込み完了

2.海外在住者には電話での意思確認が必要らしい

すぐに登録したメールアドレスに設定完了のお知らせメールが来ます。

海外在住者の場合、特定条件下というのにひっかかるらしいので、追加のメールで電話で意思確認をする必要があるらしいです。

補足
僕の場合、申し込みをする前に問い合わせをしていて、自分の環境でもサービスを利用できるか聞いていたからなのか、追加のメールはきませんでした。
つまり通常通りすんなり申し込みは完了してました!
素晴らしい対応だと思います

3.ログイン

設定完了のお知らせメールがきたら、ユーザーアカウント情報を使って早速ログインしてみましょう。

ユーザーアカウント情報

インフォパネルのログイン画面で、先ほどメールに記載されていた会員IDとパスワードを使いログインしましょう。

インフォパネルログインフォーム

インフォパネルにログインしたら、先ず左のメニュ欄より「パスワード変更」をしておくといいと思います。

パスワード変更

4.支払い方法

登録してから10日間のお試し期間ではドメインが設定できません。

なので、さっさと支払いをすませちゃいましょう。

インフォパネルの左メニューにある「料金のお支払い」をクリック

料金のお支払い
  1. 支払いをするサーバーを選びます
  2. 更新期間を選択します
    補足
    契約する期間が長い程1か月の料金が安くなります
  3. 支払い方法は「銀行振込」「クレジットカード」「コンビニ払い」「ペイジー」から選択できます。
    補足
    「自動引き落とし設定」も可能
  4. 伝票発行

    銀行振込の場合、伝票がメールで送られてくるので、番号等を間違えずにしっかり確認してから支払いましょう。

    まとめ

    以上がエックスサーバーへの申し込みと選択したプランの支払いの流れになります。

    申し込む場合も支払いの場合も、流れに沿って必要事項を記入、選択していけば問題なく終わらせることができます。

    ですがもし、作業の途中で確認したいことができた場合は気兼ねせず問い合わせてみるといいと思います。

    こんな記事も書いてるよ!

    他ゲームや買ってみた商品の「レビュー」記事
    新しいゲームの「事前登録」記事