アポロン 火力役に必要なバフを付与しながら与ダメージも出せる☆4アーチャー

koh apollon

描きたい通りに描いた絵を動かしたい通りに動かす

ゲーム・アプリ」「Vtuber」「映像作品」「ウェブサイト」などで幅広く利用可能!

☆4キャラ「アポロン」についての記事になります

アポロンのスキルや能力についての考察もしています

キングダムオブヒーローで「アポロン」を使う際の参考にしてください

1度はプレイしてみよう
まだキングダムオブヒーローやったことない人はぜひ1度プレイしてみることをお勧めします

基本無料で遊べるから、実際やってみてから自分に合うか判断できるのがいいですよね!

アポロンの能力

アポロンは光属性のクラス「アーチャー」で、火力役がより高威力を出せるように「クリティカル率」や「攻撃力」を上昇させるバフを付与できる英雄です

アポロン自身も火力を出していけるので準アタッカーのような立ち位置で使用していきやすいですね

本命の火力役が行動する前にしっかりとバフを付与しておきたいので「速度」の調整が必要になります

アポロンの攻撃手段には追加効果がないので、より火力を上げていくか、「気絶」を付与できるようにするかで育成の方向が分かれてくると思います

所持キャラクターと相談しつつどう運用していくかを決めて育てていくと無駄が少なく済みそうですね

アポロンのスキル

スキル1 光の矢

koh apollon skill1

1マス先の敵を起点にその左右もまとめて攻撃する

Lv2Lv3Lv4Lv5Lv6Lv7
ダメージ8%アップ
ダメージ8%アップ
ダメージ8%アップ
ダメージ4%アップ
ダメージ4%アップ
ダメージ4%アップ

特に追加効果などはないシンプルな攻撃手段です

最大3体までまとめて攻撃することができるので数を減らしていくには使いやすい攻撃ですね

純粋に攻撃をするスキルなのでなるべく火力が出るように「攻撃力」「クリティカル率」「クリティカルダメージ」を上げて威力上昇を目指したいです

スキル2 太陽の矢

koh apollon skill2

1マス先の敵を起点にその左右もまとめて攻撃する

対象のHP割合が低いほどダメージアップ

クリティカルダメージ10%追加

クールタイムは3ターン
Lv2Lv3Lv4Lv5Lv6Lv7Lv8
ダメージ16%アップ
クリティカルダメージ10%アップ
クールタイム1ターン減少
ダメージ8%アップ
ダメージ4%アップ
ダメージ4%アップ
ダメージ4%アップ

攻撃対象のHP割合によって与ダメージが変化する攻撃手段です

攻撃範囲は通常攻撃と同じなので、特に動かし方に変化を加える必要はありません

クリティカルダメージに補正がかかってるので、その恩恵をしっかりと受けられるように「クリティカル率」は上げておきたいところ

スキル3 天上の演奏

koh apollon skill3

2ターンの間自身の周囲の味方に「クリティカル率アップ」と「攻撃力アップ」を付与する

クールタイムは5ターン
Lv2
効果持続時間1ターン増加

クールタイムが非常に重たいので使用するタイミングをよく考えたいです

「クリティカル率」と「攻撃力」を上昇してくれるので、火力役の行動順に合わせて使用していくのが主な使い方になりますね

スキルレベルの上がった「デメテル」と合わせるのも面白いかもしれません

火力役が行動する前に使用したいスキルなので、「速度」の調整ができるとより使い勝手がよくなりますね

リーダースキル エリュシオンの芸術家

koh apollon skill4

ダンジョンで味方全員が速度24%アップする

リーダーが倒れても効果は維持

このリーダースキルの効果が発動するのは「ルーンダンジョン」「覚醒の谷」「亀裂」「傲慢の塔」「ギルド討伐」

アポロンを覚醒させることで解放されるリーダースキルです

他にリーダースキルを持った英雄を一緒に編成しない場合はしっかりとアポロンをリーダーに配置して効果を付与してあげましょう

速度が上がれば行動順が早く回ってきて戦いやすくなります

アポロンの入手方法

「アポロン」の獲得場所は下記となります

  • 光闇召喚

まとめ

アポロンは光属性のアーチャーで、「クリティカル率」や「攻撃力」を上昇させつつ自身でも火力を出していける準アタッカー的な立ち位置の英雄です

一撃の威力が高い「ムスペル」などと合わせて編成すると、より瞬間的な火力で一気に殲滅していく事が可能になります

その際、火力役よりも先に行動してバフを付与する必要があるので「速度」の調整をしておきましょう

アポロンの攻撃手段には特にデバフを攻撃対象に付与する効果はないので、育成方針としてはなるべく火力を出せるようにルーンを厳選していくか、「地震」ルーンで「気絶」を付与できるようにするかに分かれると思います

火力を出していきたい場合は「攻撃力」「クリティカル率」「クリティカルダメージ」を優先して上げていくことになります

反面「気絶」を付与できるようにして戦いをコントロールしたい場合は「デバフ命中」を意識する必要が出てきます

どう運用していくかで育成の方向が変わってくる英雄ですね

こんな記事も書いてるよ!

他ゲームや買ってみた商品の「レビュー」記事
新しいゲームの「事前登録」記事

ブログ関連

レンタルサーバーを探しているなら「エックスサーバー」がお勧めです
このブログは有料テーマ「ハミングバード」を使用しています