ギルガメッシュ 頑丈なシールドを生成する☆4プリースト

koh gilgamesh

描きたい通りに描いた絵を動かしたい通りに動かす

ゲーム・アプリ」「Vtuber」「映像作品」「ウェブサイト」などで幅広く利用可能!

☆4キャラ「ギルガメッシュ」についての記事になります

ギルガメッシュのスキルや能力についての考察もしています

キングダムオブヒーローで「ギルガメッシュ」を使う際の参考にしてください

1度はプレイしてみよう
まだキングダムオブヒーローやったことない人はぜひ1度プレイしてみることをお勧めします

基本無料で遊べるから、実際やってみてから自分に合うか判断できるのがいいですよね!

ギルガメッシュの能力

ギルガメッシュは水属性のクラス「プリースト」で、とても頑丈なシールドを生成することができるタイプのの英雄です

効果対象は味方単体と複数にばら撒けるわけではないのでどうパーティーを編成していくか考えさせられる能力を持っていますが、上手くかみ合えば相当耐久力のあるパーティーが出来上がるでしょうね

直接味方のHPを回復するスキルは持ち合わせていませんが、数ターンに渡って「持続回復」を付与できるので立ち回りさえうまくできれば回復量と回復頻度は問題なくなりそうです

「移動距離アップ」も付与できるので立ち回りやすくなりますね

ギルガメッシュのスキル

スキル1 エネルギー放出

koh gilgamesh skill1

1マス先の敵単体を攻撃する

自身のHP割合が高いほどダメージアップ

Lv2Lv3Lv4Lv5Lv6Lv7
ダメージ8%アップ
ダメージ8%アップ
ダメージ8%アップ
ダメージ4%アップ
ダメージ4%アップ
ダメージ4%アップ

プリーストは育成の際にはそれなりにHPに気を配るでしょうから、それだけ高ければ威力が出るのでそこそこ与ダメージにも期待できそうです

スキル2 代謝促進

koh gilgamesh skill2

自身に隣接する味方全体を対象に3ターンの間「持続回復」を付与しつつ1ターンの間「移動距離アップ」を付与する

クールタイムは4ターン
Lv2
クールタイム1ターン減少

直接敵な回復スキルではなく「持続回復」を付与して回復していきます

なので、HPの管理には気を配りたいですね

ただ、効果は3ターンと長めなのでスキルLvを上げれば「持続回復」が切れる頃にまた付与できるようになります

移動距離が上がるのも嬉しいですね

スキル3 不死の祝福

koh gilgamesh skill3

1マス先の味方単体に2ターンの間最大HP40%分のシールドを生成する

クールタイムは6ターン
Lv2Lv3Lv4Lv5Lv6Lv7
シールド耐久度15%アップ
シールド耐久度10%アップ
クールタイム1ターン減少
シールド耐久度5%アップ
シールド耐久度5%アップ
シールド耐久度5%アップ

スキルLvを最大まで上げるとなんと80%分のシールドを生成するので、他の英雄とのスキルと上手くかみ合えば驚異的ですね( ゚Д゚)

クールタイムが6ターンと非常に長いのでクールタイムを減少してくれる英雄と掛け合わせるとシールドを維持しやすくなりますね

味方単体への付与なので、よく敵視を集めるタンク役にシールドを生成できるような立ち回りができれば相当頑丈になります

スキル4 魂の捕食者

koh gilgamesh skill4

敵を倒すと「不死の祝福」のクールタイムを初期化する

ギルガメッシュを覚醒させることで解放されるパッシブスキルです

耐久度の高いシールドを生成できるスキル「不死の祝福」のクールタイムはとても長いですが、この効果により即使用可能にできるので行動順を確認しながら瀕死の相手をギルガメッシュで処理していけるように立ち回りたいです

ギルガメッシュの入手方法

「ギルガメッシュ」の獲得場所は下記となります

  • クリスタル召喚
  • 高級召喚
  • 伝説召喚
  • 特選召喚

まとめ

ギルガメッシュは水属性のプリーストで、味方単体にとても頑丈なシールドを生成したり「持続回復」を付与したりとパーティーの耐久を底上げするタイプの英雄です

しっかりと強化すれば最大でHP80%分のシールドを生成できるようになるので少しずつでも強化していきたいですね

クールタイムが長いのがネックですが、それも覚醒したら解放されるパッシブスキル「魂の捕食者」の効果で初期化させることが可能になるので運用する際はしっかりと覚醒させておきたいです

唯一の攻撃手段は自身のHPの高さによってダメージが上下するので、最大HPにも気を配りながら育成を進めていけるといいですね

こんな記事も書いてるよ!

他ゲームや買ってみた商品の「レビュー」記事
新しいゲームの「事前登録」記事

ブログ関連

レンタルサーバーを探しているなら「エックスサーバー」がお勧めです
このブログは有料テーマ「ハミングバード」を使用しています