ランスロット 防御力上昇でダメージアップする☆3ガーディアン

koh lancelot

描きたい通りに描いた絵を動かしたい通りに動かす

ゲーム・アプリ」「Vtuber」「映像作品」「ウェブサイト」などで幅広く利用可能!

☆3キャラ「ランスロット」についての記事になります

ランスロットは☆3の英雄なのでガチャから入手しやすく育成しやすいので、水属性のパーティー編成に悩んでる方は是非育ててみてはいかがでしょうか

また、クエスト等を進めていくと報酬として入手する事もできるので非常に入手しやすい英雄です

ランスロットのスキルや能力についての考察もしてます

キングダムオブヒーローで「ランスロット」を使う際の参考にしてください

1度はプレイしてみよう
まだキングダムオブヒーローやったことない人はぜひ1度プレイしてみることをお勧めします

基本無料で遊べるから、実際やってみてから自分に合うか判断できるのがいいですよね!

ランスロットの能力

ランスロットは水属性のクラス「ガーディアン」で、防御力を上げることで与えるダメージが上昇するタイプの英雄です

またランスロットを覚醒させると「反撃」をすることが可能になるのでターンを消費せずに相手にダメージを与える事も可能と近接タイプとしてはかなり使いやすい能力を持っています

パーティ―編成で回復が心許ない場合はランスロットに「吸血」のルーンを装着することで攻撃時に一定量のHPを吸収する能力を付与できるので、耐久力も増します

反撃とも相性がいいですよね

ランスロットのスキル

スキル1 スパイラルランス

koh lancelot skill1

目の前の敵とその後ろの直線2マスを攻撃する

クリティカル発生時に1ターンの間対象に「防御力ダウン」を付与する

また自身の防御力が高いほどダメージアップ

Lv2Lv3Lv4Lv5Lv6Lv7
ダメージ9%アップ
ダメージ9%アップ
ダメージ3%アップ
ダメージ3%アップ
ダメージ3%アップ
ダメージ3%アップ

防御力が高い程ダメージが上昇するのでガーディアンというタイプともかみ合ってステータスを防御力に寄らせやすいですね

またクリティカルが発生すると「防御力ダウン」を付与できるので非常に戦いやすくなります

クリティカル率をそこそこ確保してよく反撃が発動するようにしておくと盾割りを頻繁に付与していけることになります

スキル2 審判の一撃

koh lancelot skill2

目の前の敵単体に攻撃しつつ1マス後方へ弾く

攻撃命中時に1ターンの間対象を「挑発」する

また自身のHP割合が対象よりも低い場合2ターンの間対象に「攻撃力ダウン」を付与する

自身の防御力が高いほどダメージアップ

クールタイムは4ターン
Lv2Lv3Lv4Lv5Lv6Lv7Lv8
ダメージ15%アップ
ダメージ3%アップ
クールタイム1ターン減少
ダメージ3%アップ
ダメージ9%アップ
ダメージ3%アップ
ダメージ3%アップ

目の前の敵に攻撃しつつ「挑発」を付与できるので相手を引き付けてる間に味方のHP等を立て直す事が可能になります

また1マス後方に弾くので相手の「反撃」が発動しなくなるので余計なダメージを受ける事もありません

HP割合の都合で相手に「攻撃力ダウン」も付与できますが、余りここは意識しなくてもいいのかなと思います

スキル3 湖の鎧

koh lancelot skill3

自身の防御力が20%アップ

また近接攻撃を受けると35%の確率で反撃する

ランスロットを覚醒させることで解放されるパッシブスキルの効果になります

ランスロットを起用する際は必ず覚醒させてから使用していきたいですね

確率ではありますが相手のターンにも反撃で攻撃する事ができるようになるので、しっかりと発動していけば単純に手数が2倍になるということですね(´_ゝ`)

ランスロットの入手方法

「ランスロット」の獲得場所は下記となります

  • 一般召喚
  • 友情召喚
  • クリスタル召喚
  • 高級召喚

まとめ

ランスロットは水属性のガーディアンで覚醒させることで反撃持ちになりとても使いやすくなるキャラクターです

また防御力を上げていく程与ダメージが上昇していくので、敵に隣接していくタイプのガーディアンとしては防御と攻撃が一体となっていて使いやすさが際立ちます

それでいて入手もしやすく序盤から使用していくことも可能なので育成をしておいて損はない英雄ですね

使用していく際は必ず覚醒をさせておきたいです

こんな記事も書いてるよ!

他ゲームや買ってみた商品の「レビュー」記事
新しいゲームの「事前登録」記事

ブログ関連

レンタルサーバーを探しているなら「エックスサーバー」がお勧めです
このブログは有料テーマ「ハミングバード」を使用しています