二バス 非常にシンプルな敵単体への火力役☆4ウィザード

koh nibus

☆4キャラ「二バス」についての記事になります

二バスのスキルや能力についての考察もしています

キングダムオブヒーローで「二バス」を使う際の参考にしてください

1度はプレイしてみよう
まだキングダムオブヒーローやったことない人はぜひ1度プレイしてみることをお勧めします

基本無料で遊べるから、実際やってみてから自分に合うか判断できるのがいいですよね!

二バスの能力

二バスは光属性のクラス「ウィザード」で、敵単体を高火力で殲滅していくアタッカータイプのの英雄です

運用する際は必ず覚醒をしてからにしましょう

また、二バスが6ターン以上行動する戦闘がよくあるならスキル2「風の矢」に合わせたステータスに育成して上げるとより使いやすい火力役として活躍してくれます

「攻撃力」や「クリティカルダメージ」を集中的に強化していきましょう

二バスのスキル

スキル1 魔弾

koh nibus skill1

1マス先の敵単体に攻撃する

このスキルで敵を倒すと自身の行動ゲージが50%アップする

Lv2Lv3Lv4Lv5Lv6Lv7
ダメージ12%アップ
ダメージ8%アップ
ダメージ4%アップ
ダメージ4%アップ
ダメージ4%アップ
ダメージ4%アップ

二バスは専らスキル2を使用していくことになると思いますが、使用後のクールタイム中にのみこの通常攻撃を使用していく形になります

この攻撃で対象を倒すと二バス自身の行動ゲージを50%上昇させるので「攻撃力」をしっかりと上げておきたいですね

スキル2 風の矢

koh nibus skill2

1マス先の敵単体にクリティカル確定の攻撃する

攻撃命中時に80%の確率で2ターンの間対象に「防御力ダウン」を付与する

クールタイムは1ターン
Lv2Lv3Lv4Lv5Lv6Lv7
ダメージ12%アップ
ダメージ8%アップ
ダメージ4%アップ
ダメージ4%アップ
ダメージ4%アップ
ダメージ4%アップ

攻撃命中時に対象に「防御力ダウン」を付与できる攻撃ですが、二バスは光属性で苦手となる属性がないこととこの攻撃はクリティカル確定なのでだいたい攻撃は命中します

「攻撃精度ダウン」を付与されている時等が例外でしょうね

後は「デバフ命中」と相手の「デバフ抵抗」の問題でしょうが、デバフを付与するためのスキルというよりはクリティカルが確定で発動して火力が出るスキルなので「クリティカルダメージ」を上げてより高威力になるようにしておきたいですね

またこのスキル「風の矢」で敵を倒すと即時行動を獲得するので敵単体への攻撃のみでも機動力があるのでそこまで問題に感じることはないと思います

スキル3 忍耐の野心家

koh nibus skill3

自身の基本クリティカルダメージが15%アップする

戦闘開始から二バス自身のターンが6ターンを超えるとターン開始時に「風の矢」のクールタイムが1ターン減少する

二バスを覚醒させることで解放されるパッシブスキルの効果です

二バスを運用していくなら確実に覚醒をさせてからにしておきましょう

それだけでクリティカルダメージが15%↑の補正を受けられるので火力に繋がります

さらに6ターン以上行動する場合は元々短いクールタイムのスキル「風の矢」のクールタイムを1ターン減少させるので連続して使用することが可能になります

そうなると通常攻撃を使うことがなくなりますねw

多くの機会で6ターン以上動くならステータスはスキル2がより輝くように育成していっても問題なさそうです

ルーンの装着ランキング

冒険者の装着ランキング
  1. 突撃
  2. 生命
  3. 必殺
koh nibus rune1
探索者の装着ランキング
  1. 突撃
  2. 生命
  3. 迅速
koh nibus rune2

二バスの入手方法

「二バス」の獲得場所は下記となります

  • 光闇召喚

まとめ

二バスは光属性のウィザードで、敵単体を倒しに行くシンプルな火力役の英雄です

覚醒することで解放されるパッシブスキル「忍耐の野心家」のおかげで6ターン以上行動する場合はスキル2「風の矢」が使いたい放題になります

そしてこの「風の矢」は確定でクリティカルが発生するので、このスキルに合わせて育成をするならクリティカル率を意識する必要が全くなくなります

その分を「攻撃力」や「クリティカルダメージ」に割ければより大きなダメージを出していけるようになるのでとてもわかりやすいアタッカーですね!

事前登録受付中のゲーム

stella chronicle pre registration06

こんな記事も書いてるよ!

他ゲームや買ってみた商品の「レビュー」記事
新しいゲームの「事前登録」記事

ブログ関連

レンタルサーバーを探しているなら「エックスサーバー」がお勧めです
このブログは有料テーマ「ハミングバード」を使用しています