ヴァルキリー 持続ダメージを付与していく☆4アーチャー

koh valkyrie

描きたい通りに描いた絵を動かしたい通りに動かす

ゲーム・アプリ」「Vtuber」「映像作品」「ウェブサイト」などで幅広く利用可能!

☆4キャラ「ヴァルキリー」についての記事になります

ヴァルキリーのスキルや能力についての考察もしています

キングダムオブヒーローで「ヴァルキリー」を使う際の参考にしてください

1度はプレイしてみよう
まだキングダムオブヒーローやったことない人はぜひ1度プレイしてみることをお勧めします

基本無料で遊べるから、実際やってみてから自分に合うか判断できるのがいいですよね!

ヴァルキリーの能力

ヴァルキリーは水属性のクラス「アーチャー」で、「持続ダメージ」を敵単体に付与していくタイプの英雄です

攻撃手段は2つでそのどちらも「持続ダメージ」を付与するので「傲慢の塔」などのHPが高い敵を攻略する際に重宝します

持続ダメージを付与していくことで活躍する英雄なので、しっかりと「デバフ命中」や「クリティカル率」を上げていきましょう

また、「速度」もそこそこ意識できればより使いやすくなるかと思います

ヴァルキリーのスキル

スキル1 天上の弓

koh valkyrie skill1

1マス先の敵単体に攻撃する

攻撃命中時に対象がデバフを持っている場合、1ターンの間「持続ダメージ」を付与する

また、クリティカル発生時には「滅失の矢」のクールタイムを1ターン減少する

Lv2Lv3Lv4Lv5Lv6Lv7
ダメージ12%アップ
ダメージ8%アップ
ダメージ4%アップ
ダメージ4%アップ
ダメージ4%アップ
ダメージ4%アップ

クリティカルが発生するとスキル「滅失の矢」のクールタイムを1ターン減少するので「クリティカル率」は意識して上げていきたいですね

また攻撃対象がデバフを付与されている場合「持続ダメージ」を付与するので、相手の状況を確認しながらヴァルキリー自身の「デバフ命中」もそこそこ上げていきたいです

スキル2 滅失の矢

koh valkyrie skill2

1マス先の敵を起点に隣接する後方周囲もまとめて攻撃する

クリティカル発生時に2ターンの間対象に「持続ダメージ」を付与する

デバフ命中20%アップ

クールタイムは3ターン
Lv2Lv3Lv4Lv5Lv6Lv7
ダメージ12%アップ
ダメージ8%アップ
ダメージ4%アップ
ダメージ4%アップ
ダメージ4%アップ
ダメージ4%アップ

クリティカルが発生すると「持続ダメージ」を付与するのでしっかりとクリティカル率は上げていかないといけません

通常攻撃「天上の弓」でクールタイムを減少させることができるので意外と短い間隔で使用していけるのがいいですね

スキル3 栄光の印

koh valkyrie skill3

ターン開始時に1ターンの間HP割合が最低の味方に「攻撃力アップ」を付与する

また、自身のHPが70%以下の場合「滅失の矢」のクールタイムを1ターン減少する

ヴァルキリーを覚醒させることで解放されるパッシブスキルの効果です

リーダースキル エリュシオンの激流

koh valkyrie skill4

全てのバトルで水属性の味方の「速度」を16%アップする

リーダーが倒れても効果は維持する
Lv2Lv3Lv4Lv5
ステータス3%アップ
ステータス3%アップ
ステータス3%アップ
ステータス3%アップ

全てのバトルで効果を発揮してくれますが、効果対象は水属性の味方のみ

ただ編成した時に他に誰もリーダースキルを所持していないなら例え水属性キャラがヴァルキリーだけだとしてもリーダーに配置しておくといいかと思います

「速度」を調整して行動順を決めている場合は注意が必要かもしれませんね!

ヴァルキリーの入手方法

「ヴァルキリー」の獲得場所は下記となります

  • クリスタル召喚
  • 高級召喚
  • 伝説召喚
  • 特選召喚

まとめ

ヴァルキリーは水属性のアーチャーで、「持続ダメージ」を敵単体に付与していくタイプの英雄です

「傲慢の塔」等のHPがとても高い敵にぶつけると持続ダメージでガッツリとHPを削っていけるので扱い方は「テイアー」に似てるかもしれません

「持続ダメージ」で敵のHPを削っていく場合はしっかりと「デバフ命中」や「速度」を意識しながら育成を進めていきたいですね

また、「クリティカル率」が関係してくるスキル内容なので「クリティカル率」も忘れずに上げていきましょう

こんな記事も書いてるよ!

他ゲームや買ってみた商品の「レビュー」記事
新しいゲームの「事前登録」記事

ブログ関連

レンタルサーバーを探しているなら「エックスサーバー」がお勧めです
このブログは有料テーマ「ハミングバード」を使用しています