アイム! 闇属性寄りの魔法魔神の紹介

aim

メインストーリーのベルゼブブ編3部に差し掛かる辺りから闇属性が弱点のボスが出てくるようになります

そうなった時に弱点を攻めようと思ってもN魔神の中には闇属性に特化した魔神がいません

となると次に見るのが「R魔神」

「R魔神」も比較的手に入りやすく、「アイム」は闇属性に寄ったスキル構成をしている魔神です

「アイム」はR魔神ですが、リミットブレイクも所持しているのでメインパーティーで運用することもできるし、高レア魔神の支援部隊として役に立つ事もできます

1度はプレイしてみよう
まだゴエティアクロスやったことない人はぜひ1度プレイしてみることをお勧めします

基本無料で遊べるから、実際やってみてから自分に合うか判断できるのがいいですよね!
レビューも書いたので是非参考にしてみて下さい(‘ω’)

アイムとは?

aim detail

アイムはR魔神の中衛で、闇属性に寄ったスキル構成をしている魔法魔神になります

運用方法は「オリアス」とほぼ同じで、オリアスが闇属性+風属性に対しアイムは闇属性+光属性

単体攻撃スキルばかりなので専らボス戦のような対単体での起用が多くなるかと思います

アイムの能力

aim status

アイムの武器種は「魔導書」

武器種「宝珠」の魔神と比べると素早さは劣りますが、火力があります

所持スキルは闇属性寄りなので、編成する機会は中盤辺りから機会が増えてくるかと思います

アイムのスキル構成は珍しく闇属性と光属性

で、だいたいの敵はどちらかが弱点になっているともう一方は高い耐性を持っていることが多いので、一番無難な利用方法はスキル2まで闇属性に染めて運用していくことでしょうか

ただ早い段階でスキル1をアンロックできるので光属性に寄せるスキル構成にすることも難しくありません

どう運用していくにしても魔法魔神は基本的にHPが低いので、ソウルランクはもちろん装備もしっかりと強化してあげましょう

アイムのスキル

スキル1 ダーク

aim skill1

敵単体に闇属性の2回攻撃をする

特に追加効果はありません

クールタイムが始めから短いので使いやすいスキルです

また、耐久力が十分あるなら「ダークの魔導書」を装備させてクールタイムや消費MPに補正をかけてあげると、より高回転で与ダメージを稼ぐことができます

光属性に寄せたい場合はスキル1に「シャイン」をセットすればいいかと思います

「シャイン」であれば入手難易度も優しいですしスキル1をアンロックするのも親愛Lv2にすればいいだけなので、早い段階で換装して光属性寄りの魔神としても起用していけます

スキル2 ライトニング

aim skill2

敵単体に光属性の3回攻撃をする

特に追加効果はありません

低レベルの時はあまり強さを実感できないかもしれませんが、スキルLvが上がってくると与ダメージを結構稼いでくれます

闇属性に特化させたい場合はここに「アビス」「ダークドライブ」「ドレイン」などのスキルをセットできると、特定の条件下ではより与ダメージを安定して稼ぐ事ができそうです

スキル3 ドゥームジャベリン

aim skill3

敵単体に闇属性の3回攻撃をする

特に追加効果はありません

アイムの専用武器でドゥームジャベリンの消費MPやクールタイムに補正をかけられるので、余裕があれば少しずつ揃えていきたいですね

リミットブレイク 神魔撃滅陣

aim limit break

敵全体に闇+光属性の3回攻撃をする

追加効果で60秒間対象の闇属性耐性と光属性耐性をそれぞれ25%低下させる

光属性または闇属性を狙う時に役に立つリミットブレイクです

ただしスキルのドゥームジャベリンは闇属性なので、敵によっては与ダメージを出せないこともあります

そういった時は限界突破をした高レア魔神の支援部隊に配置するという運用方法もアリかと思います

人気投票時のセリフ集

第1回

絆の華は凛と咲く
aim choco01 aim choco02 aim choco03

第2回

黄金卿より親愛なる君へ
aim trust01 aim trust02 aim trust03

まとめ

アイムはR魔神なのでN魔神と比べるとガチャで重なりにくくスキルLvも上がりにくいかもしれません

が、N魔神では補えない闇属性に寄ったスキル構成をしているためメインストーリー中盤から起用しやすい機会がよくでてきます

また親愛Lvを少し上げるだけでスキル1をアンロックすることができるので、光属性に寄せることも可能です

闇属性や光属性が弱点のボスや「ワールドエネミー」のようなコンテンツの時には活躍できると思うので、少しずつ育成しておきましょう

こんな記事も書いてるよ!

他ゲームや買ってみた商品の「レビュー」記事
新しいゲームの「事前登録」記事