水魔法魔物マーキュリーの育て方

どういう風に魔物を育てればいいのかわからない(._.)

ウィキを見たけど、方向性が固まらないどうしたらいいんだ(・ω・)

と、ゲーム内で相談を受けたので今回は水属性をメインとした魔法魔物、マーキュリーの育成方法を解説したいと思います。

ただ、プレイヤーによってちょこちょこと意見が違う部分も出てくるので、複数のプレイヤーの魔物を見てそれぞれを参考にしていくと自分が強化していきたい方向性が見つかると思います。

マーキュリー

マーキュリーは2017年3月28日のメンテナンス終了時に汎用URとして実装されました。

マーキュリーに進化できるのは、エキドナメリアスアスレイスキタリスアンフィトリーテです。

汎用URの利点は神醒UR魔物と違って複数のSSR魔物から進化が可能ということです。

なので、UR魔物でも比較的簡単に同種合体ボーナスが見込めます。

紅桔梗の森はマーキュリーを使ってますが、見た目は限定魔物ベファーナになってます(*’ω’*)

だって美しすぎるから(⌒∇⌒)

ベファーナ

育成で必須の項目

どういった強化をしていくかで多少方向性が分かれはするものの、確実に必要なものも存在します。

水魔法ボーナス

これは当たり前ですね(・ω・)

これないと水属性の攻撃力あがらないもん(˘ω˘)

基本、マーメイドを召喚してラミアに進化させたのをくっつけていきます。

その際にレア進化したマーメイドクイーンは水サポートボーナスを所持しているので、それはサポート魔物にくっつけて水サポートボーナスを上げていきましょう。

水サポートボーナス

物理攻撃ボーナス

水魔法と物理のハイブリッド型に育てる場合は必須です。

水魔法特化型の場合はいりません。無視してよし。

基本、ゴブリンを進化させてホブゴブリンを重ねていきます。

イベント等で十分な魔石が得られない場合、ゴブリンの穴に籠って魔石を集めます。

頑張りましょう(・ω・)

物理耐性ボーナス

魔法特化型の場合必須になります。

ハイブリッド型は最終的に必要なくなりますが、物理魔法防御ボーナスが完成するまでは使うことになるかと思うので、他のものと一緒に上げておく方がいいでしょう

基本、リザードマンからノーブルリザードに進化させたものを重ねていきます。

物理耐性ボーナスは15が上限なので、メイン属性ボーナスや魔法耐性ボーナスより簡単に作れます。

頑張れ(・ω・)

魔法耐性ボーナス

魔法特化型の場合必須になります。

基本、フェアリーからピクシーに進化ののち、マンドラゴラもしくはその先のアルラウネやドリアードを量産して重ねていきます。

ピクシー→マンドラゴラ→アルラウネ→ドリアード

と進化していく時に「樹精の秘石」が必要になります。

たくさん必要になります(._.)

マップ「イスピーナ丘陵」の常闇の冥府のボスThe.LittleTorrentと連戦して秘石を集めましょう

ここは大変、頑張れ(*´Д`)

ハイブリッド型を目指している人も、物理魔法防御ボーナスが完成するまでは魔法耐性が必要になると思うので、それなりに強化をしておきましょう

物理魔法防御ボーナス

ハイブリッド型に育て上げる場合、絶対に必要になります。

デメリットとして、魔法耐性は20%が上限ですが、物理魔法防御ボーナスの上限は15%です。

5%の差が出てしまうので、装備等でやりくりしていく必要があります。

このボーナスを上げるのはSR以上の魔物が必要なのですっごい大変(;’∀’)

でもハイブリッド型には絶対必要。

時間はかかるだろうけど、根気よく強化していこう。

ガード3種+スティールガード

クラッシュガード、スラッシュガード、スラストガード、スティールガードの4つですね。

強ボスになればなるほど一撃が重くなります。

ボスによっては耐えられない攻撃もあるので序盤は必要がなくても後々必ず必要になります。

絶対です。

基本、ウォーホースからハイケンタウロスまで進化させていきます。

進化の途中で「人化の秘石」と「重装の秘石」が必要になります。

ハイケンタウロスの魔石はタケゾニア渓谷のボス「The.ElderLancer」からドロップ

ただし、スティールガードだけは別です。

ハイケンタウロスは持ってないので、ゴブリンライダーやライカンスロープを基本量産していく必要があります。

カーテン4種

ファイアカーテンアクアカーテンウィンドカーテンホーリーソングの4つですね。

これもガードと同様に、属性攻撃にだんだん耐えられなくなってくるので必須です。

カーテン4種はウォーホースからサテュロスに進化させていきます。

ハイケンタウロスの先がサテュロスなのでそのまま進化させたくなりますが、個人的にカーテン4種はサポート枠につけた方がいいと思っているので、別に作るのをお勧めします。

理由は、カーテンは魔法枠に入るので1枠攻撃魔法が入れられなくなります。

SSRやUR魔物はだいたい本体に食べさせるので、結果、魔法の数が多すぎて選びきれなくなります。

だいたい高火力の魔法をできるだけ搭載したいので、枠を確保しておきたいですからね。

と言いつつ自分は最初本体にカーテン4種をぶっこみました(・ω・)

どうせ溢れる程魔法ゲットできないだろーなんて思ってたのです。。。

本体にカーテン

で、案の定、溢れました(゚∀゚)

そして外付けするためにやり直してます(・ω・)

カーテン外付け

なので、個人的には外付けをお勧めしますが、最前線の方で本体にカーテンをつけている人もいるのでどういう風に育成していくかよく考えて判断しましょう。

水魔法特化型

水魔法特化型

水魔法特化型の場合、ジョブ特性は「魔物の特性」「水魔法ボーナス」「物理耐性」「魔法耐性」で埋まります。

スキル枠には「ガード各種」、水属性依存のスキル(例えばハイドロバースト等)。

魔法枠には現段階では

  • タイダルピラー
  • バブルスイープ
  • アブソリュートゼロ
  • フォレストブレス
  • フォレストルーン
  • 大玉小玉
  • フリーズクロック
  • アクアヴォルテクス
  • ティンクルレイン
  • アイシクルレイン
  • スライムダイヴ
  • チルバ―スト
あたりの組み合わせでしょうか。

複数属性のハイブリッド型

複数属性のハイブリッド

うちのマーキュリーはここの部類に入ります(`・ω・´)

メインの次点で、エメラルドリングに火ボーナスをつけてるので、火属性も多少あがってます

エメラルドリング 火ボーナス

なので、ジョブ特性は「魔物の特性」「水魔法ボーナス」「風魔法ボーナス」「物理魔法防御ボーナス」で埋まります。

「フォレストブレス」と「フォレストルーン」は水と風の複合魔法なので、できるだけ2属性を上げたいという思いから。

「チルバ―スト」は火と水の複合魔法なので、これも火属性を少しでも上げたいという思いから、3属性を強化していくパターンになりました。

ちなみに、水、風、火ボーナスは3つとも上限まで強化されています( ・´-・`)

3属性ボーナスXX

スキル枠には風のフェザートルネードと火のブレイズバーストを搭載して手数を増やしています。

(そのうち神醒アンフィトリーテを移植してハイドロバーストもつける予定)

火と風の属性ボーナスは基本、ワーグをフレイムドッグに進化させて、そのままアイスオルトロスまでさらに進化させて強化していきます。

物理と魔法のハイブリッド型

物理と魔法のハイブリッド型

このハイブリッド型は、例えば槍を装備して、槍のスキルも撃って水魔法も撃つという形になります。

槍の専用スキルの中には水との複合スキルがあるので、相性はそれなりにいいと思います。

「タイダルスピアー」とか「ローレライスピアー」ですね(*´ω`)

そして、マーキュリーは弓を装備する事も可能なので、弓+水魔法もいけますが、弓を装備すると盾を装備することができないので、かなりもろくなります。

ただ、新しい状態「装甲」が実装されてから棒以外の装備、槍や弓も必要になるだろうなと感じています。

もし指定の弱点武器での参加が必須になった場合、マーキュリーなら他の魔物と交代する必要も少なくなるので比較的容易に対応できると思います。

装備可能武器

マーキュリーの場合、けっこう色々な種類の武器を装備できるので使い勝手が良くて気に入ってます。

ジョブ特性は「魔物の特性」「水魔法ボーナス」「物理攻撃ボーナス」「物理魔法防御ボーナス」で埋まります。

魔法枠に関しては、装備武器によって使えない魔法があるので、気を付けてください。

例えば、神醒アスレイが持ってる「スライムダイヴ」や「バブルスイープ」は棒を装備してないと使えません。

装備

武器

棒、槍、弓、どれを装備するにしろ目指す先は神獣の系統です。

防具

ボスによって求められる属性の耐性%が変動するので、火と呪重視の闇焦と水と風重視の蒼鱗を準備しておきましょう。

水がメイン攻撃属性であるなら水攻撃力が上がりつつ十分な耐性を保てる装備を心掛けましょう。

リング

基本的に強ボスへ参加する時はエメラルドリング一択になるかと思います。

曜日ボスや鬼の集落で入手できる無色のリングをしっかり集めて+6までもっていきましょう。

時間はかかります(・ω・)

リング

腕輪

ここも基本的に耐性をあげたいので、怠惰の魔王がドロップする緑の腕輪のスロット4を目指しましょう。

それまでは水、もしくは呪の腕輪のスロット4を代用するといいと思います。

スロットにつけるジュエルですが、HP、MP、水、が鉄板でしょうか。

後は、槍や弓を装備しているなら突ってところですかね。

ちなみにうちのベファーナはHP,MP,水、と風を付けています。

緑の腕輪

HPとMPのジュエル強化してないのバレちゃう_(:3)∠)_

イヤリング

色欲の魔王解放クエストを終わらせると新冥府が解放されます。

初級からはホワイトイヤリングがとれます

マーキュリーの種族は「軟体」なので、付属補正が適用されるように「軟体」のホワイトイヤリングを入手するまでひたすら周回デス(゚∀゚)

そしてマーキュリーは水がメイン属性なので、水+15と付属補正で水+15を狙いにいきましょう。

なっかなか出てこないので、新冥府通いになります(・ω・)

…お目当てのイヤリングが出てきましたか?

おめでとうございます!\(^_^)/

ここからは強化の欠片を集めに周回できますね♪

え?まだ行くのかって??

ホワイトイヤリング+9から+10に強化する時に必要な強化の欠片は1000個超えますので暫く新冥府で遊べます\(^_^)/

仮に中級から入手できるお目当てのイエローイヤリングをゲットした場合は強化に必要な欠片は倍です。

頑張りましょう(・ω・)

ちなみに紅桔梗の森はちょっと妥協して水+15の付属補正が風+15になってます。

ホワイトイヤリング

だって、出ないんだもん_(:3)∠)_

まとめ

ずいぶんと長くなってしまいましたが、いかがでしたでしょうか。

なんとなく方向性がつかめると何が必要で何がいらないかがわかってくると思います。

イスピーナの街やイベント会場等で強い人を見かけたらどんな魔物をどういう風に育てているのか参考にしてみましょう。

見る事自体なんの問題もないどころかむしろいっぱい見ていっぱい参考にするべきなので、色々な人の魔物を参考にがんがん強化していきましょう!

こんな記事も書いてるよ!

他ゲームや買ってみた商品の「レビュー」記事
新しいゲームの「事前登録」記事

ブログ関連

レンタルサーバーを探しているなら「エックスサーバー」がお勧めです
このブログは有料テーマ「ハミングバード」を使用しています