特性を解放するアイテム「禁断の果実」について

2020 may event03
日本最大のコミック全巻セット販売サイト
会員登録せずに無料で読めるものもアリ!

2020年5月14日の定期メンテナンス後に特性を解放するためのアイテム「禁断の果実」が実装されました

このアイテムが追加されたことにより直近の「特性を最初から所持した状態で追加された魔神」達のように、特性を持っていない魔神にも付与することができるようになります

この特性をどう活かしていくかが今後の魔神育成にも影響を及ぼしてきます

悪魔学に興味が出てきたらこんなのもいいかも

特性の種類

禁断の果実を使用することで付与できる特性は以下の通りとなります

  • 物理属性スキル威力強化
  • 光属性スキル威力強化
  • 闇属性スキル威力強化
  • 火属性スキル威力強化
  • 水属性スキル威力強化
  • 風属性スキル威力強化
  • サマエル勢力スキル威力強化
  • サタナエル勢力スキル威力強化
  • ベルゼブブ勢力スキル威力強化
  • アザゼル勢力スキル威力強化
  • サマエル勢力リミットポイント回復
  • サタナエル勢力リミットポイント回復
  • ベルゼブブ勢力リミットポイント回復
  • アザゼル勢力リミットポイント回復
  • 戦闘開始時最大HP上昇
  • 戦闘開始時最大MP上昇
  • 被ダメージ時クールタイム短縮

ここからランダムで特性が付与されるようです

特性の再抽選

付与される特性がランダムなので思っている理想の物が始めから付く場合もあれば、そうならない時もあります

そうなってくると思っている通りの特性に変えたくなりますね(´_ゝ`)

そんな時に必要になるのが「禁断の果実の種

この禁断の果実の種を消費することで特性の再抽選が行われます

再抽選もランダムです

今後も課金用のパック販売で「禁断の果実」や「禁断の果実の種」を入手することもできるでしょうから、その瞬間にあまり無理をする必要はないと思います(´_ゝ`)

また、イベントなどでも入手できる機会を設けるでしょうから気長に対応していけばいいかと!

どの特性を狙うべきか

問題はどの特性を狙っていくか、ですよね

○○属性スキル威力強化

自身の○○属性攻撃力が上昇している際、30%の確率でLBを除く○○属性のスキル威力が25%上昇する

この特性が発動する条件として、自身にその○○属性攻撃力を上昇させるバフが付与されていないといけません

そうなると自前でバフを付与できない魔神は他の魔神からのサポートが必要になります

リミットブレイクで一定時間その属性の攻撃力を上げる事ができるならいいかもしれない

でも、戦闘時間めいっぱいまで特性の恩恵を受けたい場合はちょっと役不足かもしれませんね

そして、この特性を最大限利用していくなら属性を統一させる必要がでてきます

この2つのポイントを踏まえて上手くこの特性を利用できているのがSSRの「浪漫譚イエロパエル」ですね

浪漫譚イエロパエルは闇属性に完全に特化していて、自身のスキルで自パーティー全体の闇属性攻撃力を上昇することができます

浪漫譚イエロパエルは最初から特性を所持しています

なので、この浪漫譚イエロパエルと同パーティーに編成して運用していけるなら「親愛書エル」のように自身のスキルでバフを付与できなくても、この特性を十分に利用していける状態を作ることができます

浪漫譚イエロパエルのように、他の魔神のスキルで条件をクリアできる状態にもっていけるならスキルの威力が25%も追加で上昇するのでかなり強力になりますね

○○勢力スキル威力強化

自身が○○勢力の場合、攻撃スキルを使用時に30%の確率でスキルの威力が15%上昇する

属性に特化した上記の特性に対して、勢力での縛りを設けているこの特性は先ず属性は関係ありません

なので複数の属性を利用するように育成しているならこちらの特性の方が使い勝手はいいですね

ただし、属性の縛りがないのでその分スキルの威力の上昇率が15%と抑えられているようです

「アッシュライト」「グリーンルージュ」「ダークブリーズ」といった相手の属性カット率によってその時の主属性が変わるタイプのスキルを持っている魔神は、属性指定の特性だった場合対象外となってしまう時がでてきますね

そういった状況をなくておきたいという場合は勢力スキル威力強化の方が考える必要がなくなるので使いやすいと思います

○○勢力LP回復

自身が○○勢力の場合、LBを除く支援スキルを使用時に15%の確率でLPが5上昇する
支援スキルとは「回復」や「防御」などの攻撃を含まないスキルのこと

ということで攻撃スキルをほぼ所持していない特定の前衛や後衛が対象になりやすいですね

ただ武器種「剣」や「槍」のように攻撃スキルの方が多い場合は効果的に利用していくことができません

そうなると前衛で候補となるのは「魔盾」

そして後衛の場合は攻撃スキルの少ない「魔杖」でしょうか

武器種「精霊」の場合は攻撃スキルが多い場合があるので、攻撃寄りのスキル構成になっているならむしろ火力が上がる特性の方が効果は大きいと思います

リミットポイントが上昇するのは確率のようですが、もし発動すればスキル1回分が追加されるようなものなのでリミットブレイクをたくさん使用していける状態ならこの差で最終的な与ダメージに差が出てくるかと思います

例えばリミットポイントをガッツリ貯めることができる武器種「双剣」のスキル「フェイントダンス」はスキルLv10になると「LP+10」となります

そこに「ウァレフォル」や「サミギナ」の場合、専用装備の補正が最大200%かかるのでものすごい速度でLPを貯めていけます

対して回復スキル「ヒール」だとスキルLv10で「LP+4.3」

そこに特性「○○勢力LP回復」が発動すればLP+5なので随分変わります

だいたい20秒程度でクールタイムが終了するスキルなら回転率もよく、LPを追加で+5できるチャンスもそこそこ確保できるので支援スキル持ちにはこの特性が効果的かもしれません

後は特性が発動してくれるのをお祈りするくらいですね(´_ゝ`)

戦闘開始時最大HP上昇

戦闘開始時にHP×0.2の分だけ最大HPが上昇する

現状、HPが不足するのは低レア魔神ですよね(´_ゝ`)

ただその低レアに特性解放のアイテム「禁断の果実」を使いたいかと聞かれると。。。

スキル威力が上昇する特性と比べるとそこまで魅力的に映らないのは僕だけでしょうか?

前衛魔神に付けてより高いHPというのもアリかもしれませんが、前衛はもとより中衛・後衛よりも落ちにくい上にHPは上がりやすいのでそこまで魅力的に見えない。。。

有効な使い方があったら教えて欲しいです(˘ω˘)w

戦闘開始時最大MP上昇

戦闘開始時にMP×0.2の分だけ最大MPが上昇する

「戦闘開始時最大HP上昇」と全く同じ効果ですね

育成が追いついていない時はMPが上昇してくれると長期戦でも戦っていけるので、全く使える機会がないとは言えません

が、育成が進んできてプレイヤーランクも上がって来れば支援部隊でステータスを底上げすることで事足りてきます

過剰になってしまう場合この特性はなくてもよくなるので、MPを膨大に消費するようなスキルなどが実装されない限り優先度は低そうです

被ダメージ時CT短縮

被ダメージ時に20%の確率で自身のクールタイムが10%短縮する

被ダメージ時という点で受動的なので、プレイヤー側でコントロールすることが難しいのが難点です

そしてダメージを受けたら2割の確率を引く必要がある

特性の効果発動までに超えないといけないハードルが少し厳しいかなという印象を受けましたが、実際のところどうなんでしょうね(´_ゝ`)

単体攻撃を多用してくる敵の場合そもそもチャンスが少ないかもしれませんが、パーティー攻撃や全体攻撃を多用してくるような敵なら被弾するという条件は比較的簡単にクリアできそうです

ただクールタイムが30秒のスキルの場合、1回発動すれば3秒短縮するのでバフ・デバフを付与していく役回りの魔神には効果的かもしれません

相手ありきの能力なので相手によって左右されてしまいますが、クールタイムを縮める事でバフやデバフの効果が切れる前に上書きできるようになれば総合与ダメージも伸びてくるでしょうから馬鹿にはできない

バフ・デバフを駆使していくタイプの魔神で効果時間とクールタイムに悩まされているならもしかしたらこの特性で解決できるかもしれませんね

まとめ

どの特性がいいかはその魔神の運用方法によって変わってきます

火力役として属性も統一されているなら、できれば「○○属性スキル威力強化」を付けて上げたいところ

そうなると、その属性の攻撃力が上昇している状況をどう作っていくかが課題となりますね

対して「○○勢力スキル威力強化」の場合は属性は関係なくなるので、色々な属性の攻撃スキルに付け替えても問題なく恩恵を得ることができます

その代わり威力の上昇率は属性で固定されている特性より抑えられています

基本的には火力を上げていきたいはずだと思うので、この2つの特性からどちらがより使い勝手がいいのかで選んでいく事になるかと思っています

最大HPや最大MP上昇はスキル威力強化系の特性と同じくらい魅力的か?と聞かれると肯定しにくい

リミットポイント回復についてはどういう内容になるのかがわからないと判断できません

そして最後の被ダメージ時にクールタイムを短縮する特性ですが、パーティー攻撃や全体攻撃など複数を対象とした攻撃を多用してくる敵の時は特性の効果を発揮しやすいでしょうが、単体攻撃を多用してくる敵の場合は当たらなければ効果が発動しません

完全に敵次第となってしまう受け身の特性なのでバラつきがでてしまいそうですね

火力役が習得しても思うように与ダメージが伸びないかもしれません

が、バフやデバフを付与していく役回りの魔神の場合、効果時間とクールタイムの問題をこの特性で解決できるかもしれないので試してみる価値はありそうです

個人的に火力役は「○○属性スキル威力強化」と「○○勢力スキル威力強化」のどちらかを優先していった方がわかりやすく強くなると感じています

そして敵の属性耐性を減少させたり味方の攻撃力を上げていくような効果を付与していくタイプの魔神は、「被ダメージ時CT短縮」で効果が切れる前に上書きしていくこともできるようになるかもしれません

あなたはどう思いますか?

こんな記事も書いてるよ!

他ゲームや買ってみた商品の「レビュー」記事
新しいゲームの「事前登録」記事

ブログ関連

レンタルサーバーを探しているなら「エックスサーバー」がお勧めです
このブログは有料テーマ「ハミングバード」を使用しています
2020 may event03

キングダムオブヒーローズ

全てのキャラを最高ランクまで進化できる!

6角形のシミュレーションRPG

始める前に内容知りたい方、レビューもあるよ!

おすすめスマホゲーム

ゲームを探している方にお勧めする作品をまとめました!

他ユーザーがどう評価しているか気になるかた必見です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です