灰燼死霊! ストーリーの描写とはかけ離れた弱さ サタナエル編4部2章

satan ch4 p2 ghost

描きたい通りに描いた絵を動かしたい通りに動かす

ゲーム・アプリ」「Vtuber」「映像作品」「ウェブサイト」などで幅広く利用可能!

メインストーリーも4部では新しい天魔が追加されているので、魔神育成のためにもドンドン進んでいきたいです

前回のサタナエル編4部2章の中ボス「ムルムルの幻影」まではビックリするほど手ごたえがない難易度なので攻略自体は問題ないと思います

それでもいきなり強い敵が現れるかもしれないと一応警戒しながら今回は4部2章のボス「灰燼死霊」を攻略してきました

1度はプレイしてみよう
まだゴエティアクロスやったことない人はぜひ1度プレイしてみることをお勧めします

基本無料で遊べるから、実際やってみてから自分に合うか判断できるのがいいですよね!
レビューも書いたので是非参考にしてみて下さい(‘ω’)

動画

灰燼死霊

satan ch4 p2 ghost01

メインストーリー4部にくるまでに「灰燼死霊」とは何度も戦っているので物理耐性が高いことはもうわかってますよね(´_ゝ`)

案の定物理耐性80%とかなり高かったんですが、一番高いのが闇属性耐性の99.9%でした

残りの光、水、風、火属性耐性は一律52%と特に高いわけではないので、この中から得意な属性を選んで編成を組んでいけば特に大きな問題にはならないと思います

討伐パーティー

メインパーティー

メインパーティーには骸剣バティン飄翠オリアス邂森デカラビア祝祭パイモンを編成

光、水、風、火属性の中から一番育成が進んでいて層が厚いのが光属性だったので迷わず光属性スキルを持つ魔神を中心に組んでいきました

その中でも「邂森デカラビア」を入手できたのは大きいですね

単純に強いスキルを持っているので頼もしいです

「飄翠オリアス」は光属性スキルをもっているわけではないですが、リミットブレイク「聖爪流星雨」が使えるのでメインパーティーに起用しています

デバフは大事!

と、言いながらこの時支援部隊に「童想バラム」ではなく「ラウム」を配置しているおっちょこちょいであった。。。

そして戦闘が長引くなら「骸剣バティン」に習得させたスキル「パニッシュ」のリミットブレイクで味方全体にバフを付与することもできるのでなかなか魔神とスキルが揃ってきています

メインパーティーに編成している「骸剣バティン」「飄翠オリアス」「邂森デカラビア」「祝祭パイモン」は限界突破してあります

  • 骸剣バティンのスキル2には「パニッシュ」をセットしてあります
  • 飄翠オリアスのスキル1には「トルネードアロー」をセットしてあります

サブパーティ―1

サブパーティ―1には桜絢ボティスアクトン彩栞グラシャラボラスオセを編成

対して育成が進んでいない「アクトン」をここで起用してみました

どうしても魔法タイプの魔神の育成が疎かになってしまうんですよね_(:3」∠)_

なので思い切って「彩栞グラシャラボラス」を限界突破してルビーまで育成を進めてみました

「アクトン」と「彩栞グラシャラボラス」はスキル「ジハード」を所持しているので放っておいても勝手に与ダメージを出してくれるでしょうw

そして今後強敵が出現した時にしっかりと使えるようにしておくために育成を少しずつ始めています

「桜絢ボティス」「彩栞グラシャラボラス」は限界突破させてあります

サブパーティ―2

サブパーティ―2にはベリアルフォラスハウレスバルバトスを編成

このパーティーには誰でも持っている(ベリアルは持っていてもEmptyの場合もありますが。。。)魔神ばかりが編成されています

特に「フォラス」の専用装備は強化が終わっているので中々火力を出してくれます

そして「ハウレス」にはようやくスキル「シャイン」を習得させることができたので完全に光属性特化型になりました!

光属性が弱点の敵はかなり多いのでこれで勝手にかなりの与ダメージを稼いでくれるので重宝しています

むしろ育成が行き届いてない高レア魔神よりも与ダメージを出すので選ばない方がおかしいレベルですわ(˘ω˘)

  • ベリアルのスキル1には「フォートレス」をセットしてあります
  • ハウレスのスキル2には「シャイン」をセットしてあります
  • バルバトスのスキル1には「サークルキュア」をセットしてあります

灰燼死霊 戦

祝祭パイモン
わっちゃの出番じゃな!

開幕は「毀す信徒」の初速が速くこちらが「フォートレス」を展開する前に被弾しましたが全然大した事ない被ダメージでした

ハードモードではないのでビクビクする必要はないようですw

味方の攻撃が始まればすぐ処理できてしまう程度です

satan ch4 p2 ghost07

闇属性の単体攻撃「生命略奪

灰燼死霊は自身にリジェネが付与されていませんが、この「生命略奪」で与えたダメージの2倍自身のHPを回復していきます

ただここで戦った灰燼死霊はビックリするくらい弱かったので威力は弱く、結果回復量も大した事ありませんでした

余りにも弱すぎて取り巻きの天魔達を処理した時に貯まったリミットポイントのおかげで灰燼死霊が出てきてすぐにリミットブレイクを使用することができ

一発目のリミットブレイクで討伐完了というなんとも味気ないバトルでした_(:3」∠)_

いくらなんでも弱く設定しすぎだと思いますw

まとめ

satan ch4 p2 ghost08

ストーリーの続きが気になるほど物語はよくできています

だからドンドン進んでいきたい気持ちはもちろんありますが、だからといってバトルパートがぬるすぎていいことにはならないんですよね(˘ω˘)

戦闘時間がたったの20秒程度で終わるようなボスとも言えない奴とストーリーでの描写が合ってないなと感じてしまいました

ローディング中に出てくる3級魔導師の手記には「きっと死神というものがこの世にいるのだとしたら、恐らくこんな顔をしているのだろう」と残すくらいなので個人的には難易度もそこそこ物語に合わせて欲しいなと思いました

調整の塩梅が難しいのかもしれませんが、多少強めにしてユーザーの反応に合わせて調整するくらいでちょうどいいんじゃないかなと思うのは自分だけなのかな?

敵の総合HPを見てみると約61000と天魔6体の事を考えると灰燼死霊のHPは本当に大した事なかったようです

ここまで進んでこられるならまず間違いなく攻略することができます

「ヴァサゴの幻影」やら「バラムの幻影」等今までのボス戦で苦戦を強いられた場面が何度もあって、そこを攻略した時の達成感を味わってしまっているのでぬるすぎる難易度を持ってこられるとモヤモヤしてしまう既に調教済みの主様になってしまいました(゚∀゚)

こんな記事も書いてるよ!

他ゲームや買ってみた商品の「レビュー」記事
新しいゲームの「事前登録」記事

ブログ関連

レンタルサーバーを探しているなら「エックスサーバー」がお勧めです
このブログは有料テーマ「ハミングバード」を使用しています